憧れを現実に!魅力アップの秘訣

3つの治療方法があります

女性

年齢を重ねていくと、頬のたるみやほうれい線が気になってきます。特にほうれい線は『法令線』とも呼ばれ、年齢を感じさせてしまうシワでもあるでしょう。実年齢よりも高く見られてしまうことも多い為、薄くしたい・無くしたいと願っている人は多いようです。そもそも、頬のたるみやほうれい線はどうしてできるかご存知でしょうか。これは、表情筋が加齢と共に衰え、元々あった場所の脂肪をキープすることができなくなることが原因と言われています。脂肪が重力に逆らえることが出来なくなる為、どうしてもたるみが出てきてしまうということです。また、肌の乾燥なども原因と言われています。セルフケアを若い頃からしっかりしてきた人と何もしてこなかった人では30代を皮切りに差が出てくると言われています。目立つようになってからケアを始めても実はあまり効果を得ることができず、間違ったセルフケアで状態を悪化させてしまう人もいるようです。実は、ほうれい線は触れば触るほど濃くなってしまう為、必要以上のマッサージなどは逆効果になってしまうことがあります。自力でのたるみ解消は簡単ではないようです。そこで次に考えるのが美容整形。美容整形と言えば自由診療で高額なイメージが強いですが、実はリフトアップはそこまで高額になることはないようです。美容整形で行われている治療について触れていきましょう。たるみやほうれい線を解消する為の施術は大きく3つあります。1つ目が、ヒアルロン酸を注入するというものです。ヒアルロン酸を注入することで、皮下から持ち上げるようにしふっくらとした肌を実現します。これによって溝がなくなるというのです。顔に直接注射をするとなると気になるのが痛みですが、麻酔クリームなどで麻痺させてから注射するのでそこまで強い痛みはありません。2つ目は、高周波を使用した方法です。顔全体のアンチエイジングが期待できます。高周波の熱で真皮層のタンパク質を破壊しやけど状態にします。創傷治療を行う為に弾力性の高いコラーゲンを強制的に繊維芽細胞に作らせることで、ハリのある肌を実現することができます。肌の内部がやけど状態である為、この傷が治る3カ月〜6か月の間維持することができます。即効性はありませんが、徐々にリフトアップしてくれます。そして3つ目は、日帰りでできる手術です。特殊な糸を皮下組織に入れ、糸の力によって皮膚を持ち上げる方法と、切開して皮下にある表在性筋膜を持ち上げる方法があります。難しいものではないので日帰りで行うことができます。このような方法を使用することで、シャープなフェイスラインを得ることができます。どの方法を選ぶのかはカウンセリングを行い、医師と決めることになるでしょう。また、美容整形を顔に直接メスを入れる治療も多い為、医師の腕が重要となってきます。おすすめは個人で行っている美容整形です。医師が経営から施術まですべて行っていることからも、評判が悪くなっては仕事になりませんので丁寧な施術を行ってくれます。ただし、費用としては高くつく可能性もあるでしょう。口コミなどを参考にクリニックを選ぶことをおすすめします。